開運招福・えんむすび
1500年有余の歴史を誇る延喜式内の名社です。



 大前神社の由緒は、奈良時代の神護景雲年間(767〜)に再建されたと云われ、延喜式内社下野十一社に選ばれている。文化財の数々は、真岡を流れる小貝川・五行川・鬼怒川流域の歴史文化が息づいている。平安時代には、最澄が開基した天台宗の東国の拠点である、茨城県関城町の東叡山に関わる「大前山金剛院千妙寺」が別当宮寺として造営された。明治維新まで神仏混淆し、「大前 大権現」と称せられた。宝物の芳賀高名奉納「太刀」、大江宣村願主「大般若経」、芳賀高澄奉納「大前神社平家物語」などは、中正の武 将芳賀氏ゆかりのものである。



 また、現存する真岡市最古の地図である、江戸時代牧場裁定の「元禄絵図」には、当時の小貝川・五行川・行屋川と大前堰・穴川用水・根本山・磯山・大前神社・真岡城趾・陣屋・真岡街・街門・寺院、政成寺・那須街道など当時の歴史的地勢が分かる。そして、 江戸時代末期には山内代官の功徳碑が建てられ、二宮尊徳は大前神宮寺に拠点を置き、大前堰を改修して穴川流域を整備し、尊徳仕法を完成させたことは有名である。



 大前神社の本殿・拝殿の建築様式の特徴は、東照宮に代表される近世初期の権現造に準ずる複合型社殿形式である。社殿の意匠はかなり発達した段階の装飾細部を備え、虹梁・壁・蟇股・垂木など各所に彫刻が施され、華やかな構成となっている。中でも龍の彫刻と化した尾垂木はひときわ目立ち、水神として社殿を火災延焼から守っている。これらの彫刻のデザイン設計施工は棟梁藤田孫平治、工匠島村円哲たちによりなされた。この人たちは五年後、成田山新勝寺の三重塔の彫刻も手掛けた。



 本殿の彫刻の特徴は、第一に、建物を未来に継承させるため「水の恵みと水神」を配していること。その代表なものとして、龍・水の中を泳ぐ鯉・海水・海獣・犀・玄武などがある。第二に、神聖な霊獣・霊鳥を配し神様の力の広大さを表している。麒麟・貘・白象王・虎・獅子(ライオン)・鳳凰・鸞・鶴・鷹がある。第三に、限りある人生の理想の生き方として、「仙人」を配している。仙人は十ヵ所に配され、瓢箪から駒を出す仙人・酒を楽しみ魂を生む仙人・お香を薫く仙人・鯉に乗り病気を治す琴高仙人等がある。建物の基礎部分には亀腹様式を採り、瑞垣内は川原玉石を敷き詰め水の中に御殿を浮かべる情景をデザインしている。まさに、近世日本人の先駆的思想文化を現している。それから、造営後何度となく修繕を行ってきたが、中でも宝暦十二(1762)年の時の棟梁磯辺儀左ヱ門信秀は、鹿島市の屋台彫刻を始め足利など県北・県南西の社寺と彫刻屋台の初代棟梁であることが今日明らかになった。


栃木県指定文化財・真岡市指定文化財


延喜式内 大前神社
おおさきじんじゃ
〒321-4304 栃木県真岡市東郷937

TEL 0285-82-2509
FAX 0285-82-2283
mail お問い合せ

[0]トップへ戻る

Copyright (c) Oosakijinja All Right Reserved